with every color the eye could see.

コドモダスSylvainに通うLEOくんの素晴らしいドローイングにアレックス・ホルツハウゼン氏がストーリーをのせて下さいました。

企画はKAZU先生。すごいです…もう感激でした。

SYUN先生による映像編集も加わってコドモダス・シルヴァン初のWEB絵本が誕生!

LEOくんと初めて逢ったのは8年前。
コドモダスに慣れなくて「コワいコワい」と言って泣きながら私のシャツをずっと掴んでどこまでも着いてきていた彼…。

でもエリックカール氏が描く動物の絵本を初めて見せた時、彼の眼がキラキラっとなった瞬間を今でも忘れません。

まだ会話ができなかった彼と私を繋いでくれたのはその一冊の絵本でした。

コドモダスに来るたび、毎回大事にその絵本を抱きしめ嬉しそうにしていたLEOくんは、ボードにそのうち動物らしきものを描き始める様になりました。

この子は音楽よりアート!そう思い飛鳥先生に彼を託しました。

LEOくんの描く動物たちには、なぜかとても惹かれます。
彼が幼少期から抱いてきた動物たちへの愛が一杯だからですね。

わたしも、わたしの色をここに見つけることができそうです。

それは生きてるからこそ。

LEOくん&Sylvainチームの先生たち、素敵な絵本をありがとう!!

 

【英語ver.⇒https://www.youtube.com/watch?v=g8JcYTgYmq4
【日本語ver.⇒https://www.youtube.com/watch?v=3S4YTftNdg0
【ショートver.⇒https://www.youtube.com/watch?v=e5JYsVR2ldI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中