生あればこそ

CODOMODUS sylvain Workshop 2017
Stop Motion Animation
Aug.7th 9th

今夏のワークショップ@CODOMODUS sylvainでまた素敵な映像が誕生。

色を繋ぎ、点を繋ぎ、線を繋ぎ、心を繋ぐ。

これこそ私たちが深く強く願う姿。

でもそれは生きているからこそできる「表現という証」…..

「人生」とか「生を受ける」とは不思議。

生死を彷徨った自分でさえまだ答えが見つからない。

 

でもどんな人生でも、どんな人でも

確かなのは何かをのこしていくことはできる、という事。

言葉で、色で、形で、音で。

のこすという事も生あればこそ。

一人ひとりのおこさまのいのちに寄り添いながら

この場所で常に愛しみ、慈しみ、護り、育む。

そんな私たちでありたいと願います。

 

今日コドモダスに通うお子さまのお母さまから聞かれた言葉をふと今思い出しました。

「お花以外に、忙しい中どうやって自分の余暇をつくってるんですか?」

 

日曜日だけはオフにして家族と過ごす。

(連休がとれる祝日のときは)自然の中に行って風の音だけ感じる。

そんな感じのことを答えたけど

こんな風にお子さまたちの作品を目にしたり

それを素敵な形にしてくれるスタッフの思いが届く出来事があったり

自分がおこさまたちと一緒に笑いあったり

スタッフが笑いあってる風景を見たり

そんな瞬間も間違いなく私にとっては「余暇」に匹敵する瞬間なんだなって今夜感じました。

それはなぜか。

どんな心情の時でも、身体がしんどい時でも

「さ。わたしもがんばろう」

そう思えるからです。

前を向くことができる気持の維持は大事です。

いや、維持だけじゃなくて「転換」かな。

 

そんな気持ちにさせてくれたサプライズのひとつ。

計6時間に渡るお子さまたちの一瞬一瞬が1分間の映像に。

シルヴァンチーム&KIDSの夏2017の色彩の物語、是非ご覧ください。

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中