感覚を感じる、という事

先日のレッスンで創った秋のコラージュ。

ブリザ&ドライ。

普段から色んな脳の分野を使ったり

刺激を受けるように心がけてるつもりでも

決して使ってないのだろう、

と思われるどこかの場所が

レッスンの時にはすごく動く感覚がします。

 

人は脳の10%しか使うことが

できていないとか

いやそれは違うとか色んな説がありますね。

私にはその真意はわかりかねるところ…

でも自分の「感覚」が受信することには

良いこともそうじゃないことも

敏感でありたい。
私自身にとってはそれが自分を大切にする、

という事でもあり

自分の心に目を留める、

という事でもあり

人の為に尽くす時間を生きていける、

という事に通じてる。

この言葉にできない「感覚」こそが

私がラマモンソレイユや

コドモダスを創っていこうとした時に

テーマに浮かんだ

「五感」なのかもしれません。
そして。

お子さまたちだけではなくて

ラマモンらしく

尊い命を育んでいる女性たちも

學ぶことを得る事ができる時間を

つくっていきたいと考えています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中