結び目

久しぶりの投稿になってしまいました。

みなさまお元気ですか?

先月から気持も身体も張りつめた日が続き

どんな時も努力と気力をkeepできると

自負しながら日々を過ごす私ですが

時間のやり繰りと共に

どうにもならない時がある事を

久しぶりに身をもって知りました。

義父の入院を機に

我が家で暮らす事になった義母との生活も

私たちの時間を大きく変えました。

義父が亡くなって14日目、二七日の今夜。

いつも冗談を言って和ませてくれていた

あの笑顔と名古屋弁を思い出しています。

大好きでした。

時間を捻出しながら

義父の元に通ってた時のみならず

亡くなった時でさえ

仕事の連絡が入ってくる自分自身に

言葉にならない感情がこみ上げました。

どちらに対しても

中途半端な自分なんじゃないかと…

どちらに対しても

申し訳ない気持ちは拡がり…

一日仕事を休むことが出来なくて

細切れの時間でしか支えてあげれなかった事も

それがあの時の精一杯だったと言い聞かせて

やりきれなさはこころの奥深く沈め

義父をみおくりました。

仕事の時間を持てることも

プライベートで休息できる事も

家族がいつも通りでいてくれてこその日常。

誰かに何かあればその結び目はほどけてしまう。

義父の葬儀を終えて帰宅した夜

玄関に飾っていた桜が美しく

花弁を拡げていました。

しっかり者だった義母は

もう今は可愛い女の子の様になる瞬間もあり

短期記憶は刻まれていきません。

私たちとの生活も

義母の新しい想い出にはなっていかない様です。

知的障がいの次女と

義母の介護。

家族と一緒に前を向いて

義父の様に朗らかに、大らかに

受け止めていける自分でありたいと願います。

義母を含む家族それぞれの日常が

形をかえて

ほどけた結び目もまた結びなおせる様に。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中