五月晴れ

空。雲。山。河。

自然を目にすると

たちまち気持ちは瞬間、五月晴れ。

これは中津川にて車中から。

 

日帰りでこんな自然の中に行ける名古屋に感謝。

贅沢を言えば…..

毎日こんな色彩の情景を目にしてたい…..。

「窓をあけたら山並みが見える」てな。

 

あ、そう。「五月晴れ」って

今では爽やかな五月の晴れ空の意味ですよね。

でもほんとは少し違うのだとか。

 

旧暦の五月は梅雨の時期。

だから梅雨を五月雨(さみだれ)と

呼んだのだそうです。

そして、その時期の重くどんよりした雲は

五月雲(さつきぐも)と呼び

そんなどんよりした日が続く時期の合間に現れる

颯爽とした青空を「五月晴れ」

そう呼んだんですって。

 

音の美しさで無性に惹かれるのはフランス語ですが

四季の香りを感じれるこの一日一日、

だからこその日本の言葉も美しすぎます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中