窓の向こうに

いつもの「山」!

ではなく

「英虞湾」!

伊勢志摩の自然も好きになってきました。

日々を過ごしていると

やっぱり…..

自然の中に身を置きたくて仕方なくなるのです。

と、いうより

「何もしない」

「何も考えない」

というつかの間の時間を得るために

自然の力を借りてみる…

 

そんなChargeの仕方が

良いかどうかは別として…ですが。

 

自然の力と言えば…

西日本豪雨で被災地となった真備町。

故郷倉敷から

車で30分くらいの地域だったでしょうか…..

 

倉敷に暮らしていた当時は

倉敷市でなかったのですがいつの間にか

統合されていたのですね。

 

澄んだ高梁川沿いを車で走ると

とても気持ちの良い光景が

いつも広がっていた記憶があります。

 

あの川が…..

あの地に降った豪雨が

沢山のいのちを…..。

熱中症も心配なこの暑さ。

あの町の方々が

どんな7月を過ごしているのかと思うと

胸の奥が詰まって言葉になりません。

 

亡くなった方のご冥福を祈ると同時に

ただただ、一日、いや一瞬単位での復興を

心から祈るしかできない私です。

 

でも…

「祈る」事ができるのも

生あればこそ。

明日を迎える為の

この一日の終わり。

それは当たり前ではなくて奇跡。

 

窓の向こうの景色が

どんな景色であれ

この眼でその色彩を見ることができる

その瞬間に感謝。

明日を迎えることができる

この日常の尊さに感謝。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中