開花の時

3年ほど前に買った芍薬の球根。

どう育てたらいいかわからないけど

芍薬を育ててみたいと思って…

 

そして今季初めて純白の美しい花が咲きました。

幾つものつぼみが生まれて

ほころんでいく毎に気持ちは高鳴り。

 

「時を待つ」という事は大事ですね…

そこに至るまでお互いに実を充実させて…

だからこそその開花の瞬間を

喜ぶことができるとも言えます。

 

せっかちに結果を求めること。

自己に目が行き相手を思えないこと。

それは誰かを追い詰めてるつもりはなくても

息苦しくさせてしまってるのかもしれない。

ある人の言動から

そんな瞬間を感じる出来事が最近ありました。

でもそれを客観的に教えてくれたその人にも感謝なのです。

 

どんな時にもじっくりと一呼吸。

そして時を待つ。

人生の「開花」もそれができる人に

きっと訪れるものなのかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中